スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

豊富~宗谷。

2014年8月 旅ねこ☆豊富温泉~サロベツ~宗谷へ。

次はどこへ行こうかな・・・。と旅程を考えながらうっすら次のことを考えていたりします。
今回は行ったことのない温泉がテーマでしたが、実は羽幌行きの高速バスを調べている時にもうターゲットは決定していました。
それは、豊富(とよとみ)温泉。
前回は羽幌町で降りましたが特急はぼろ号のほぼ終点、豊富温泉まで予約し、札幌駅前ターミナル、またしても8:00発。
今度は豊富温泉まで乗りますので、12:58着。遠いです。。。でもボーッと座っている分には乗り換えもなく非常に楽です。

豊富温泉に惹かれた大きな理由があり、それは特に慢性皮膚疾患(アトピーや乾癬)に効果的で、遠方から湯治に来る人も多いという知る人ぞ知る温泉であること、そしてわずかに石油臭のする黄濁した湯でありなんとタールが含まれていて、それが抗炎症作用を発揮するという成分なことです。
もちろん、1泊で湯に浸かった程度で症状は治りはしませんが、かなり軽度ですが上記皮膚疾患を持つ者としては非常に興味深い温泉でありました。湯もかなり特殊な感じですしね。

さらにですね、≪前置き長いなぁ。≫『まぁ、聞いてよ。アン太ちゃん。』
もう1つ理由がありまして、「サロベツホットライブ ー トヨトミサイル」が8月の土曜日にあるのです。「トヨトミサイル」は豊富の町を元気にする為の音楽フェスでたくさんのバンドが出演し、地元の商店が出店で協力するといったイベントなのです。
偶然、そのロックフェスの日に宿がとれ、会場もすぐ近く、もう超楽しみな訳です。


豊富温泉地区~サロベツ原野。

豊富温泉に着きました。大自然な感じで静かです。温泉街も広くないのですぐわかりそうです。ここからまずは町営温泉ふれあいセンターを目指します。バス停からは割とすぐ発見できました。
ふれあいセンターは日帰りの温泉施設で観光の拠点でもあり、お客さんも割と来ています。実はこちらの2階にコンシェルジュ・デスクがあり、事前に連絡をしてレンタカーを予約していました。観光の足をバスにすると私の場合は時間が足りなかったのです。8時間まで3,500円ですが、終了時間までにガソリンを入れて返却しなければなりません。
早速マップをもらって出発します。車にはナビもついていましたがクモの巣も車体についていました。車内の清掃はいつしたのかどんな植物を乗せたのか非常に気になるような微妙な車内で戸惑いました。たぶん札幌なら怒られます。

まずはサロベツ原野。実は上サロベツと下サロベツがあるのですね。どちらも見たくなりました。違いがあるそうですし。
初めに遠い方の下サロベツの幌延(ほろのべ)ビジターセンターへ向かいます。

IMG_0267_convert_20151217192827.jpg
下サロベツ原野 自然探勝路①

下サロベツ原野 自然探勝路 ②
自然探勝路② 果てしない感じ。みつけたら偉い、遠くの人間。

下サロベツ原野 展望台
下サロベツ展望台

意外にも鉄製でなんだか無機的な感じ。
しかし、下サロベツ、綺麗なのですが虫の宝庫でした××。いきなり見たこともない謎の巨大な虫に手の甲の血を吸われました。
痛いし、一体あなたは何者ですか~。オロナイン軟膏持っていてよかった。結構万能です。とにかく探勝路も展望台も虫、注意です。

下サロベツ原野 
展望台より

では次はトナカイ観光牧場を目指します。ここで、久しぶりのATでエンジンがかからずかなり焦りました。ここでもう故障?
しかし、ブレーキを踏んでいなかったからだとようやく気づき、スタートの時は問題なくエンジンをかけてきたのに我ながらびっくりでした。・・・やはり、MTが良い!
トナカイ観光牧場に無事到着。

ヤギ
くつろぎのヤギ

トナカイアップ
トナカイアーップ!

でも、トナカイが皆向こうへ行ってしまい、いなくなちゃったとがっかりしていると、「さっき下サロベツにも行ってたでしょ。」とおじ様に話しかけられ「トナカイは牧場をぐるぐる行進しているからここで待っていればまた周ってくるよ。」と教えられる。しばらく待っていると本当に来ました。トナカイさん達何故ずーっと周っているのでしょうね。トナカイの貸出もしてくれるそうですよ。

トナカイ行進 ①
トナカイ行進①

トナカイ行進 ②
トナカイ行進②

かわいらしいですね。
こちらのレストランではトナカイ料理を食べることができるようです。羊を見てその後ジンギスカンを食すというのと同様で、北海道ならではの自然の摂理を暗黙のうちに説いている状態なのかもしれません。≪・・・本当?≫
今日はお昼をとっていませんでしたが、時間もなくなんとなく食べなくてもいいかという感じです。また、6~7月頃にはめずらしいブルーポピーが見られたようですが、残念ながらもう終わっていました。

さて、割とすぐ近くに「幌延深地層研究センター」があり、「ゆめ地創館」は見学無料なので寄ってみることにしました。はじめ、正直清掃工場かと思う外観でしたし、高レベル性核廃棄物の地層処分技術に関する研究開発所ということでちょっと怖かったのですが、他の車が見学に入って行ったのでチャレンジしてみることにしました。

幌延深地層研究センター正面玄関
ゆめ地創館正面玄関と展望台

写真のように曲がってはいませんで、中は超立派です。閑散としていますがきちんとした親切な案内係の方がいます。「ゆめ地創館」とはこの研究センターの研究内容の紹介と地下施設の工事状況を見られる施設でシアター的な物や展示物、パネルがあります。中の写真がないので残念ですが、ここでおもしろかったのがエレベーターで地下500mまでの降下を疑似体験し、地下の雰囲気を体験できることです。かなりの深さを感じますよ。しかも地上45mの展望台もあります。高低差凄いですね。

IMG_0286_convert_20151217193713.jpg
展望台より トナカイ観光牧場

ゆめ地創館
研究センター敷地

なんだか貴重な体験でしたね。この環境とは間逆の研究センターでした。
さて、いよいよ上サロベツ原野へ向かいます。
しかし、結構行けども着かず、曲がる所を通り過ぎていたらしく兜沼(かぶとぬま)まで来てしまい、キャンプ場近辺はもうお盆も過ぎてシーズンオフで閑散としており、引き返してようやくサロベツ湿原センターへ到着。ナビをあてにするとこれです。普段ナビはなく別に必要ないと思っており、ある程度調べたらいつも目的地に着きますのでその方がよかったと後悔。なんとなく陽も落ちてきてしまいました。

サロベツ湿原センター木道
サロベツ湿原センター木道

個人的には上サロベツの雰囲気の方がなんとなく安心感があって好きですね。虫も時間のせいかあまりいません。

IMG_0289_convert_20151217193924.jpg
花の見ごろ咲きごろ 毒草!

花の見ごろはほとんど過ぎている感じですが、ギャア~ッ、毒草っっ!怖いですね。
上と下サロベツの決定的な違いは花もほとんど咲いておらずよくわからなかったので残念でした。

サロベツ湿原センター
サロベツ湿原センター

泥炭採掘の歴史を垣間見ることのできる「泥炭産業館」、そして「浚渫船(しゅんせつせん)」と「水洗分離機」を見学し、木道を少し散策した後、レストハウスで豊富名物ソフトクリームを購入。道民に愛されているNo.1 コンビニ「セイコーマート(セコマ)」に売っているのをよく見かけていた「豊富牛乳」を使用ということで予想通り濃厚でおいしかったです。

さて、陽が落ちるまでに「大規模草地牧場」を見たい。迷ったら終了とヒヤヒヤしながらもなんとか到着。
間に合った~。正直また草地かな~と思っていたのですが、思ったより凄くて感動!!!

牛付ガードレール 大規模草地
見よ、遠くの牛のシルエット・・・&ガードレールにも牛

大規模草地 牛
大規模草地牧場①

大規模草地 牛 ②
大規模草地牧場②

見渡す限りの牧草地と牛。人もおらず、ずーっと見ていたい感じでした。
・・・もっとゆっくり見たかったですが、道端のくぼみに車を停めて見るのが時間的にも精一杯で、すぐに出発しました。

さて、最後に「宮の台展望台」にチャレンジ。兜沼方面に行く途中で案内板を見たので行ってみます。
割にすぐ到着しましたが、ここで雨。結構な雨です。雷も聞こえてきました。

宮の台展望台
宮の台展望台

展望台に登ってみました。雨だれが凄くて景色は撮れず。

宮の台展望台より
展望台の案内板

雨の降りも強くガソリンを入れて戻ることにします。そういえば「トヨトミサイル」は大丈夫だろうか。

豊富温泉に着いた頃には土砂降りです。近いのですがとてもふれあいセンターからホテルまで歩けませんので一度ホテルへチェックインすることとします。あっという間に水たまりができて、それでもホテルの方が傘を持って駐車場まで迎えに来てくれました。
チェックインの際、いきなり、「この雨だから停電になるかもしれませんよー。」と言われ、『えっ。』と驚くと「ここら辺は電気が弱いのですぐ停電になるんですよねー。」説明は以上。とりあえず、懐中電灯チェックか~、と思いながらも入浴中の停電はきついな、入浴できなかったら困ると不安になる。お部屋はツインの洋室でなかなかよい。少し休んで雨が小降りになる隙を待っていると土砂降りは次第に収まり、傘が使えそうになったのでレンタカーを戻しに行くことにする。無事車を返却して、ふれあいセンターで豊富温泉の成分を楽しめる浴用・濃縮水(サロベツ大地恵水)と手作り石鹸をお土産に購入する。

ホテルに戻るとなんと「トヨトミサイル」の演奏が本日のお部屋の前の廊下に凄く響いていました。向かい側には違いないのですがスキー場の方なのでちょっと斜面を登って行った所で結構離れているはずですが、高さ的にホテルの客室と合到したのか、窓が開いていることも手伝ってとてもよく聞こえてきます。しかし、雨は降っていますし、もう夕食なのでとりあえず夕食に行くことにします。

夕食は食べきれない程の料理でしかもおいしかったです。でも当然もうロックフェスの出店で食べることはできませんし、やっぱり雨は降り続いています。
結局廊下でしばらく音だけ楽しむことにしました。エレベーターホールには椅子もありましたし・・・。
今年は残念でしたが懐かしい感じのバンド演奏で個人的にはとてもよかったです。なんていうバンドだったのかな。また来て観たいです。それにしても雨の中凄いパワーです。自分はバンドの演奏を聴くことができてラッキーでしたが、興味のない人には騒音でしょうし、ホテルとしては苦情になるかもしれないとちょっと心配でした。

あと、お風呂は薄い黄色に濁っていて石油臭までは感じませんがちょっと体験したことのないお湯の感じでとてもよかったです。2~3週間湯治で入ると皮膚も良くなるんだろうな、と思いながら患部も浸かりました。湯治の方用の濃いお湯はふれあいセンターに行くと入れるのですが、まずはホテルので十分でした。

次の日はあらかじめ予約していたレンタカーで稚内空港を目指します。「空港パック」で4,900円、ガソリン代込みです。
ですがスタッフさんが空港まで同乗しますので道は教えてくれますがかなりの緊張ドライブでした。しかもまたしても機械のナビはいらない感じです。


宗谷。

稚内空港に着きました。結構な雨。宗谷バスで空港から宗谷丘陵経由で宗谷岬へ行き、稚内駅前バスターミナルへ行くハイブリッドバス(2,000円)というのが期間限定で運行しており、観光も兼ねて考えていたのですが、果たしてこの天候でも運行するのか。
運転手さんに聞くと乗る人がいれば運行するとのことで、運よく乗客が他にもいて運行決定。12:50出発。
しかし、どうしても宗谷丘陵が見たかったのですが、雨が強くほとんどバスを降りられません。

宗谷丘陵
宗谷丘陵(北海道遺産)

雨の中やっと撮りました。
本来はこんな素敵な景色も見られたかも?・・・です。

宗谷岬ウインドファーム
参考画像 宗谷岬ウィンドファーム

宗谷岬
参考画像 宗谷岬

それにしても途中お昼として宗谷岬で40分とり、大分上の方でバスを降りて岬まで歩くという行程があり、そこが辛かった。風雨で岬の見学所ではなく、即座にお土産屋さんに乱入し、とりあえず近くのお店でぶっかけ丼という海鮮ちらしを食べました。
昼食時間も終わり、バスに乗り込み14:55着、稚内駅前バスターミナルで降りました。先に降りた乗客が腰に巻いていたシャツを落として行ったので拾って追いかけてお渡しして、お別れしました。風雨の中の強行観光、お互いに物好きな人だと思っていたでしょうね。

稚内駅周辺では風雨で近くの山が崩れたとか雨で駅のトイレが使用できなくなっており、大変な感じでした。
再び空港行きの空港連絡バスを待ちます。飛行機が欠航になったら運休になる可能性がありました。
ドキドキでしたが、バスは無事に来て、稚内空港へ到着。なぜか空港はメチャクチャ混んでいます。
夕方の便なので時間つぶしにレストランでビールを飲みながら待ち、その後宗谷の塩ラーメンが気になり食べてみました。味はかなりあっさりでした。
なんとか飛行機は飛びましたが、17:10発 新千歳空港18:00着予定でしたが30分位でしたか・・・遅れました。
雨の宗谷岬も疲れましたが、空港の待ち時間が一番疲れました。

『アン太ちゃん、天気が悪かったけど、そこそこ見れたし、温泉すごくよかったよ。また行きたい。』
≪それだけ悪天候なのに飛行機飛ぶなんて悪運強いね。≫
『いつも大丈夫だから心配してないけどね。』
≪僕の心配は?≫ 『・・・。 』

猫は黙って待っているしかありませんからね。でも、アン太ちゃんを忘れてないからね。
温泉とロックフェスの再チャレンジ、近いうちにまた行きたいです!!!
8/23(土)~24(日)の旅でした。

宗谷総合振興局 そうや手づくりギャラリーさんから画像をお借りしました。ありがとうございます。


*本日の脳内テーマソング

「out there」 / DINOSAUR jr

アルバム 「WHERE YOU BEEN」 大好きでどれだけ聴いたかわかりません。
この時はまだバンドの再開の影すらなかった頃ですが、ロックフェスでのバンドの音を聴いて嬉しくて、本当に懐かしくて・・・。
ダイナソーが演奏されていた訳ではないですし、似た感じのバンドでもなかったのですが昔を急に思い出した感じです。
私は J Mascis の音の世界が好きなのです。
冒頭のギターのリフが入ったら、キタ~ッて感じでテンションが上がります。スピードのある曲ではないのですが不思議です。
今回はただ大好き。ストレートにそれだけです。
スポンサーサイト
プロフィール

necoya

Author:necoya
FC2ブログへようこそ!
necoyaです。旅と心の世界、音楽、酒そして猫好きです。そんなこんなについて愛猫「アン太ちゃん」とやじ馬的に日記を書き綴ってみます。やじ馬根性でゆる〜くお読み下さい。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。