スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

礼文(利尻)。

2014年7月 旅ねこ☆礼文(利尻)へ

さて、その後ですが、旅がおもしろくて次は離島に行ってみたい!という欲求が抑えられなくなりました。
だがしかし、遠いのだ。休日はそんなにない。さて、どうする・・・。
ま、強行突破しかないですね。

そう結論付けた自分は、夜行バスで稚内を目指す。23:00札幌発!
でも正直人の多さにびっくり。えーっ、この時間にこんなに人が?バスは1台では足りず増便してました。
皆慣れているのか、女性専用スペースが前方だと教えてくれる人もありました。
一人掛けになっているので隣りも気にせずよかったです。夜なので景色もわからずここはどこ?状態。
もう、とりあえずウトウト。

5:30 稚内フェリーターミナル着。朝早い。
しかし、ここでも結構人が・・・。礼文島行きのフェリーは6:20発。乗船券を購入しますが、礼文島での定期観光バスの窓口が5:45まで開かないのでとりあえず待つも、いつまでも開かないと思ったら場所が若干違っていました(汗)。
人数にまだ空きがあるか心配でしたがちゃんとチケットを購入でき一安心でした。

さあ、いよいよフェリーへ乗船。すごい人。人気があるんですね。
出航時に昭和の音楽が流れます。レトロな雰囲気です。でもこの曲がもう頭の中でぐるぐる。なんと今だに、時々。
それは「宗谷岬」ダ・カーポ。「流氷とけて~、春風吹いて~。」 ≪ウニャー。≫
アン太ちゃんもなぜか高音域の歌には反応して寄ってきます。

稚内防波堤
稚内港北防波堤ドーム(北海道遺産)

このフェリーで1つびっくり。デッキの椅子に座ると寒い!ですが、カモメのパフォーマンスが最高です。
船についてくるのはイルカだけかと思っていましたが、カモメ達、結構ついてくるのです。

かもめ1
The かもめ劇場 ~かぶりつきならご満悦。

素敵よ、かもめさん。船の柱の枠が画面に見えてまるで劇場のようでした。でも、人間がお菓子(えびせんらしい)をあげるからなのですよね。本当はいけないことです。船にちゃっかりとまって礼文まで行くかもめさんもいました。
ふと、かもめのジョナサンは子供の頃でも「ジョナ」さんだは思わなかったのに、なぜアグネス・チャンは「アグネス」ちゃんだと思い込んでしまったのか気になってしまいました。不思議です。 

利尻島
The 利尻山劇場 ~船は揺れるよ。寅次郎。

実は、帰りは利尻空港から丘珠空港へひとっ飛びの予定でしたので、利尻山はこれから嫌という程見られるだろうと思っていた所、利尻は曇天&雨でろくに利尻山が見えず、この稚内からの航路で見えた写真がまともでした。やーねぇ。

フェリーは花の浮島~礼文島香深(かふか)へ 8:15 到着。
ありがとう、ハートランドフェリー、でもいきなり工事中。

フェリー
はたらくおじさん、こんにちは。

さて、ここからは宗谷バスの定期観光バスを利用します。
時期によって違いがあるようですが、3時間55分で周る礼文A-1コース(3,300円)です。
 
 香深フェリーターミナル発~西上泊・澄海岬(にしうえとまり・すかいみさき)~スコトン岬~桃台・猫台~北のカナリアパーク~
 香深フェリーターミナル着

湾2
澄海岬!にじり寄りました。

湾4
限界ショット!水の色~。

湾3
グリーンベルベット!

草花2
礼文の植物。

ストコン
島の最北端。スコトン岬。人いっぱい。今日はサハリンは見えません。

トイレ
気になりますよね。

案内板
有名な岩3つです。

桃岩
桃岩っ!

猫岩
猫岩っ!

地蔵岩1
地蔵岩っ!わかるかな~、わかんないだろうな~。超遠くです。

海の色
同じ景色です。水の色~。

学校
北のカナリアパーク、映画『北のカナリアたち』のメインロケ地の学校です。中にも入れます。

海2
草ボー、ボー。でもなんかこの白い花良いです。

香深フェリーターミナルに戻り、2階の「武ちゃん寿司」で礼文といえばウニなので、ウニにぎり(軍艦3貫)、とろろ昆布そば、ビール ≪出た。≫ を頂きました。ウニにぎりは1,200円でしたが丼よりはリーズナブルなので頼みやすいですね。
どういう訳か飲食店でipadで写真を撮る勇気がなく、写真なしですみません・・・。

さて、慌ただしく、13:20発のフェリーで利尻島鴛泊(おしどまり)へ向かいます。
鴛泊港へ14:00には到着しましたが、でも観光はほぼ終わりです。あとはここから路線バスで利尻空港を目指すのみです。乗り場が2つあり、間違えると飛行機に間に合わず危険です。14:13発で約20分で空港に着きます。
バスの乗車中にとうとう雨が降ってきました。『帰るからいいもんね~。』 

利尻空港
利尻空港。この機は別の便です。

お見事な雲です。利尻富士はほぼお隠れでございました。利尻富士と飛行機のアングルの予定でしたが、雲で隠れており、人もいたので折れた心の写真です。帰りは丘珠空港へHACで帰ります。

小さな飛行機初体験でびっくりしましたが、1時間で丘珠に着くのは嬉し過ぎます。
利尻空港 15:35発で16:35 丘珠空港着。丘珠からは麻生行きのシャトルバスに乗り、地道に路線バスで帰ってきました。
超強行なので、利尻は上陸しただけだったのが心残りでした。でも、礼文島は綺麗でした。7/12(土)深夜~7/13(日)の旅で、時期的にお花も少なくなっていましたし、曇りでしたので晴れてたら海はもっともっと綺麗でしたでしょうね。
今回は急に思いついての旅だったので、また機会があれば行ってみたいと思います。

『アン太ちゃん、ただいま。今回はあまり寂しくなかったね。』 
アン太ちゃんは1泊2日までは自宅でしのげるのです。
≪慌ただしい。往復飛行機は?≫
『フェリーの宗谷岬の歌とかもめさん、よかったよ。アン太ちゃんはかもめにつつかれるよ。』  ≪・・・。≫
『流氷とけて~。』 ≪ウニャ―。≫
高音域の歌に反応するのは猫の習性なのでしょうか・・・。


*本日の脳内テーマソング  「青春狂奏曲」 / サニーデイ・サービス
既に「宗谷岬」に脳内は占拠されていましたが、その流れでなんとなく昭和の懐かしさを感じるこの曲を思い出しました。

~ こっちはこうさ どうにもならんよ
    今んとこはまあ そんな感じなんだ ~

昔も今も自分は大差ないんですかね~。うまい歌詞だと感心したものですが、今もそう思いますね。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

necoya

Author:necoya
FC2ブログへようこそ!
necoyaです。旅と心の世界、音楽、酒そして猫好きです。そんなこんなについて愛猫「アン太ちゃん」とやじ馬的に日記を書き綴ってみます。やじ馬根性でゆる〜くお読み下さい。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。