スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

温根湯温泉。

2014年10月 旅ねこ☆温根湯温泉へ。

さて、今回は1泊2日の小旅行。ちょっと小休止的な旅です。
温根湯(おんねゆ)温泉は実はよく知らなかったのですが、以前から「いいよ~。」とよく噂に聞く「大江本家」に泊まってみたい、そして、近頃話題の「山の水族館」とはどんなだろう・・・。というわけで、バスに乗って出かけて行くことにしました。

高速バスは札幌から旭川までは非常に便も多く便利。そして、旭川駅前から層雲峡を通って温根湯で降りられる高速石北号なるものがある。これは完全予約制。層雲峡から温根湯までは約1時間位、旭川からは2時間45分位。今回は10:15 旭川駅発に乗車したいので札幌駅前ターミナル 7:30発 旭川ターミナル 9:35着。 乗り換えでターミナルから駅前まで移動の為、ちょっとドキドキでしたが、問題なく乗車できました。乗り換えなので各バスを合算すると結構な移動時間ですが、それ程苦にならず、12:58 到着。降りる前はボタンを押さなければならなず、かなりのローカル感で押し忘れないかとヒヤヒヤしました。

ピンポ~ン!と温根湯で無事降りることはできましたが、、、寂しい~~っ。人っ子がぁ~、おらぬぜよ。降ろされて逆によかったのだろうか。商店街も静か~。お店は営業しているのか微妙な所も多い。だがしかし、まずは本日の宿「大江本家」に向かって歩いて行きます。まもなく外観の存在感絶大なパープルのホテルが目に入り一安心するも、川の向こうに見えてはいるがなんだか遠い。。。

川を渡って玄関に来ました。チェック・インすると従業員の方がリニューアルはしているが、設備は古いので、と妙に恐縮している。スイッチ系は確かに年代物な感じ。でも部屋はモダンにリニューアルされていて落ち着く感じで個人的にはとても気に入りました。
館内に先々代社長の大江啓二氏のアートギャラリーがあり、結構な作品があり、これも楽しめました。  

だがしかし、おや・・・?バルコニーの窓に注意書きが。なぬ~っ、イワツバメですか!!巣があるんですね~。驚きとなんだか嬉しさが込み上げてきましたが、ただ鳥さんがいるということはバルコニー周辺は必然的に汚れており、景観を楽しむ為には遠くに視線をやらねばならないことに程なくして気づきました。
イワツバメの写真を撮りたかったのですが、上を見上げても巣は見つからず。この部屋の軒下ではないのですね・・・。生きている証拠の落とし物はあるのに、残念です。

注)イワツバメはむやみに捕獲してはいけません。鳥獣保護管理法に違反してしまいますよ~。

「イワツバメ見たかったよ、アン太ちゃん。」「文鳥より大きいの?」「大きいよ。」うちにはかつて文鳥がおり、アン太ちゃんは文鳥が体の上にのっかっても悠々と寝てました。

残念賞だったので、噂の「山の水族館」と「北きつね牧場」へ行くことにします。 山の水族館は温根湯の道の駅の一角にあるらしく、大江本家から歩いて12分程とのことなので徒歩で行ってみました。
途中には足湯の広場があり、商店街もありますが先程と変わらずとっても寂しい。
しばらくして道の駅に到着です。ここには観光客がたくさんいました。
高さ約20mのシンボルタワーである、からくりハト時計「果夢林」があった。世界最大級らしいです。個人的には「白い恋人パーク」「愛媛道後温泉」とからくり時計続きです。あらまぁ、タイミング良くちょうど13時でございます。見よ、ハト時計の変態を。

ハト時計 静
ハト時計 嵐の前の「静」

ハト時計 人形
出たな、人形達め。(楽器を手にした森の妖精ですぅ。)

ハト時計 ボス
グレート!

ボスは羽の長さが約2mもあるという「ポッポちゃん」。なかなかビッグな奴でした。でも、名前は可愛いポッポちゃん。
4月中旬から11月上旬の8時から18時の毎正時に見られるそうですが、そこまで事前には調べていなかったので、グレートな瞬間を見られてラッキーでしたかね。

道の駅の施設も堪能し、特産品は家具や木工クラフトが非常に多くて、動物の作品がたくさんあり、とても可愛かったですね。

さて、それでは山の水族館へGO!

見た目は小さな建物です。入館料670円。まず最初から先程のお土産屋さんで見た写真そのものの滝つぼを下から見上げた水槽が登場。綺麗です!! 

水槽ブルー①
滝つぼ水槽 

滝つぼブルー
滝つぼブルー!!

水槽断面
四季の水槽

三兄弟
三兄弟!

イトウ
イトウの大水槽 イトウの数は日本一!

現在、イトウは北海道の一部でしか生息が確認されていないそうです。
川魚のジャンプ水槽では残念ながらジャンプは見られませんでした××。
その他に世界の熱帯淡水魚の水槽とふれあいタッチコーナーがありました。 

なまず
なまず~(本当か?)

ピラニア
あなたのあたまのなかのピラニア

突然、この奇天烈な案内板に衝撃が走った。なぜに?でもこれは開くと絵本風になっているピラニアの説明でした。説明とわかってもなお意味不明ですよね。個人的には好きですが、このセンス。
あなたのあたまの中のピラニアはどんな奴?私は怖い人食い魚と思っていましたよ。

小さいけど、なんかいいですね、山の水族館。

さて、まだ時間もあるのですぐ近くの北きつね牧場へも行ってみることにしました。
あれ、さびれてる感がすごいです。入場券を買いに建物へ入っていくとすぐに土産物コーナーというかお店に明かりがつけられ、「いらっしゃいませ。」が始まりました。これはかなり照れますね。ご期待に沿えず、すみません。

園内に入っていくとたくさんの清掃&飼育係の方達が「来た来た。」と、おしゃべりをやめて活動し始める。今日はどんな暇なのか。
でも、人間達はどうでもいいのさ。いたよ、おキツネ様。伸びて寝ています。

きつね小屋
きつね小屋

きつねアップ
寝顔と吠え顔

きつねすまし顔
おすまし顔

お座り
お座り君

奥へ進んでいくと結構たくさんいました。サ~ッと逃げて行くきつねも多かったですが、遠巻きにいろいろな所にいます。

毛皮
しっぽフサフサやなぁ。

きつね君を探せ①
きつねど~こだ。

きつね君を探せ②
きつね君を探せ。

奥へ向かって歩いているとおじちゃんに話しかけられました。「奥に行ったかい?きつねの木があるよ。」と言われ、「まだです。」と答えたものの『何のこっちゃ?何、言ってるの?』
「木の上にきつねがいるから見てごらん。」『・・・何!?それは一大事ではないか。ありがとう、おじさま♡。』
お礼を言って笑顔でその場を立ち去り、きつねのいる木を探す。
あれか?あった~~っ!!!

きつねのなる木①
北きつねのなる木

すごい看板。本当にいるの?・・・と上を見てみると・・・
「いたぞ~っっ!!」

きつねのなる木②
木の上におわした

確かに木の上にきつね発見。素敵。見落とす所でありました。看板は大胆ですが、意味不明で気がつかなかった可能性もあり、おじさまに感謝でした。木の上にきつねがいない時もあるそうなのでよかった。木の上からギーギーと鳴き声もしてました。。

北きつね牧場はこの木のおかげでとてもよかったです。満足して温泉に戻りました。

大江本家の写真はないですが、1階に大きなオウムがいました。オウムはなぜかしら。フロントはとてもローカルな感じでしたが、個人的にはリニューアルした洋室も落ち着いていて気に入りましたし、食事もとても美味しかったです。地酒付きだったのでそれも美味しく感じました。留辺蘂(るべしべ)の酒、「馬喰一代」でしたが、ビールも飲んでたので飲みきれず幸い小瓶でしたので持ち帰りました。
そして温泉がまたすごくよかった。広々して、お湯は美白の湯、相当心地よかったです。この日はとてもゆっくりできました。
また来たい温泉・ホテルです。

帰りは周囲を少し散策してアヒル?を見ました。本当は孔雀がいるとマップで見たのですが、もういなくなったのか残念ながら会えませんでした。帰りも石北号を予約していましたが、バスに乗れるかドキドキしながら待っていましたが、他の乗客もおり、無事乗せてもらえました。
『また、来るよ~。達者でな~。』人っ子はかなり少ないですが、温根湯温泉ファンになりました。

「誰に別れを言ってたの?」「温根湯温泉。」「範囲が広すぎるわ。」
「アン太ちゃん、きつねたくさんいたよ。きつねのしっぽはフサフサだったよ。アン太ちゃんのしっぽは毛を短くしているから売れないね。」「・・・。」
また、嫌な顔をしています。でものんびり過ごせて温根湯温泉はとってもよかった!!!


*本日の脳内テーマソング

 Get Up Lucy  /  THEE MICHELLE GUN ELEPHNT
 
今回は温根湯温泉が北見市ということで、Drumのクハラカズユキ氏が北見市役所を辞めてプロになったという話を思い出し、懐かしくなり、このバンドを選びました。今回は、アルバム Chicken Zombies の4曲目にアルバム・バージョンとして入っている方をご紹介します。この曲は、5thシングルですが、アルバム・バージョンの方がテンポも速めでLiveに近い感じだからです。
昔、Zepp Sapporo でのLiveに行きました。確か何かで何回も応募してやっと当たったんだっけ。本当に見られて、そして見ておいてよかった!!!
残念ながら既に解散となっていますが、かっこよくて衝撃的なバンドです。今でも、通勤に車中で聴くことがあります。音は当然上げ目で・・・。たまりませんねぇ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

necoya

Author:necoya
FC2ブログへようこそ!
necoyaです。旅と心の世界、音楽、酒そして猫好きです。そんなこんなについて愛猫「アン太ちゃん」とやじ馬的に日記を書き綴ってみます。やじ馬根性でゆる〜くお読み下さい。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。